無料ホームページ ブログ(blog)
プロフィール

 左側にメニューフレームが表示されない方は、TOPからお入り直しください

TOPへ戻る

 Photographer atosのプロフィールは下の方

自慢コキの受賞歴

紫陽花美人

2007年 田上町アジサイ写真コンテスト

推  薦

 


 

 

光に包まれて

2007年 新潟市展

 入  選

 


 

妖しい唇

2007年 新潟県展

 入 選


愁 想

キタムラ・2004年 四季のフォトコンテスト

 グランプリ


白と黒のエクスタシー

2006年 新潟県展 

入  選


カノンの新潟案内

2006年 新潟市展

 入  選


デュエット 恋する美少女

キタムラ 2005年 夏のフォトコンテスト

入  選


静  寂

2005年 新潟市展

入  選


もうすぐだよ

2005年 総踊り写真コンテスト

入  選


忙しくてフォトコンはほとんど出してないけど、出したのは全部入選してますね

誰も褒めてくれないので自分で自慢するしかないです

最近はコンテスト応募もしていません

めんどくさいのと、競争するなら勝ちたいし、勝とうとすると作風を

変えるのが手っ取り早いし、それだとつまんないしねぇ

出たがり写真家atosのプロフィール

氏名 中沢 真二

新潟県新潟市在住

TVカメラマン・映像クリエーター・ディレクター

趣味で写真家

 

  

 

 

 

ハンドル atosの由来

 

ヨーロッパ中世の映画などが好きで、

その中でも三銃士が格別に好きです

atosというのは、三銃士の1人、もともと名門貴族なのだが

妻に裏切られた痛手から、三銃士となり

最後は、スパイ行為をした妻の処刑を

自ら行うという波瀾万丈な人生

子煩悩で、三銃士の中では一番家庭的な人物だと思う

だが、自分が望む平穏な人生が、外部からの様々な

影響で常に乱されるという、そんな人物

ほんとのスペルはathosなのだが、メアドを作るときに

簡単にしてしまったので、そのまま使っている

 

 

 

なぜ今写真なのか 

 

もともとはテレビカメラマン

今はディレクターやったりプロデューサやったり

マルチメディア全般で色んな事やっている

写真を本格的にやり出したのは2004年5月から

それまで、父のカメラを使って、たまにスナップなど撮っていたのだが

一眼レフを、所有したのはこれが始めてである

フォトコンテストで、グランプリをもらいました

プロが出したら反則だという声もありましたが

別に写真で喰っているわけでないので

あくまで写真はアマチュアで趣味の範疇です

自分が納得できる写真は、数枚しかない

 長年、すばらしい写真や映像を目にしてきたので

いい写真とは何か、ということはよく分かっているつもりだが

とにかく、撮れない

いや、人まねなら簡単なのですが

自分のオリジナリティーを出したいと思っている

最近の作風はとにかく女のセクシーさかな

人間生まれ持っての本能だし、嫌いな人はあんまりいないし(笑)

壁に飾っておいて、いつまでも見飽きない写真が撮りたいですね

アート風に仕上げることも出来るけど、今は撮影の時に綺麗に撮りたいです

光と影で印象的に仕上げるのは好きだけど、ポートレートの範疇ではないよね

まだまだ、テクニック不足、自分の感性を表現できるテクニックを色々勉強中

ストロボを使ったスタジオ撮影もその一環です

所有カメラ

Nikon F2 フォトミック (コレクションかな? 滅多に使わない)

Nikon F5 (熊も倒せるタフネスカメラ)

Leica M3 (飲み屋でのスナップカメラ)

Rolleicord Vb (企画写真、専用カメラ 一号機)

Mamiya 645 1000s(企画写真、専用カメラ2号機だったが、大破)

 Nikon D2H (売却)

Nikon D40 (サブカメラ)

Nikon D200 (売却)

NIkon D70 (売却) 

PENTAX645  (売却)

PENTAX645N (売却)

Nikon D700 (メインカメラ) 

これでずいぶん写真の幅が広がった

 

所有レンズ

 

Nikon

 

 AF-S DX Nikkor 10.5mm F4G(IF) (売却)

AF-S DX Zoom Nikkor 12-24mm F4G(IF) (売却)

AF-S DX Zoom Nikkor 18-70mm F3.4-4.5G(IF) (売却)

Ai AF Zoom Nikkor ED 28-70mm F2.8D(IF) (大きくて重いけど、いいレンズです)

AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-200mm F2.8G(IF) (望遠はこれで決まり)

Ai AF Nikkor 24mm F2.8N (F5の広角で使います)

Nikkor 35mm F2.0 (完全マニュアルのレンズ 準広角)

Ai AF Nikkor 35mm F2D (デジで標準 フィルムでは準広角 割と好き)

Ai Nikkor 45mm F2.8 P (売却)

Ai AF Nikkor 50mm F1.4D (デジだとポートレートにちょうどいい)

Ai AF Nikkor 85mm F1.4D (神のレンズ、ピントが薄いのでここ一番の勝負レンズ)

Kiyohara soft focus 50mm F5 (70mmより描写は劣る)

LensBaby 2.0 (あおりとシフトレンズ 楽しいけどめんどいです)

Kiyohara soft focus 70mm F5 (独特のソフトな描写)

 Reflex Nikkor 500mm F8  (夕日とモデルという今のテーマ用)

 

Tamron

 

SP AF17-50mm F2.8 XR Di II Aspherical IF (売却)

SP AF28-75mm F2.8 XR Di LD Aspherical (売却)

AF 28-200mm F3.8-5.6 (売却)

SP AF90mm F2.8 MACRO1:1 (花マクロはほとんどこれ)

 

SIGMA

 

28-300mm F3.5-6.3 MACRO (売却)

APO 70-200mm F2.8 EX DG/HSM (売却)   

 

Leica

 

Summilux 35mm/f1.4(M) (メガネ付き 解放近くの柔らかな描写は最高)

Summarit 50mm/f1.5(M) (癖レンズ、解放ではぐるぐるボケ、絞るとシャープ)

PENTAX

A645 45mm F2.8 (売却)

A645 75mm F2.8 (売却)

FA645 45mm F2.8 (売却)

FA645 75mm F2.8 (売却)

FA645 45〜85mm F4.5 (売却)

A645 80mm〜160mm F4.5 (売却)

A645 200mm F4 (売却)

SPEED LIGHT

 

Nikon SB-800 (プログラム撮影では最高)

Nikon SB-600 (ワイヤレス増灯用)

Nikon SB-14 macro ring light (マニュアル発光だが、花マクロで使用)

generator propet2400 (オークションで手に入れた)

D700を買ったら、中判の必要性も感じなくなり全部売却

銀塩カメラは、コレクションのものだけになりました

金穴のため、レンズも使わないのはほとんど処分

しかし、すごい機材ですよねぇ 並べてみると自分でも感心します

でもほとんど、ジャンクに近い中古なので、そんなにお金はかかってないです

あとは、大判カメラ買えば終わりかな

とりあえず、多少高くても、最高級品を手に入れると、よけいな買い物しなくなりますね

 大体撮影する時間もないのにこんなに買ってどうするのか

でも、脳内でこんなもの撮りたい、あんな風に撮りたいって、

妄想してるのも趣味のうちです

これが仕事の機材なら、こんなに投資はしません

大体機材オタではないです、傷だらけでも、雨に濡らしても平気です

ただ、被写体により、最高の機材で撮りたいと思っていると

色々増えちゃいますね

本気のレンズ以外は、1万円から3万円程度のものばかりです

二三軒飲み歩いたと思えば、買えちゃうので、増える一方

 

 

    

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こそっとコスプレ写真も載せたりしちゃう

実は県内、最高齢コスプレーヤー記録らしい

こういう写真乗せるから、いろんな人から恨まれてます(笑)

衣装はもちろん手作り

結構衣装製作って大変なのがよくわかった

なので、コスプレ撮影の時は、衣装をメインで撮影しています

もっと見たい人はcureを探すといいよ

mixiもやってるよ

上から目線とよく言われます(笑)

かなり自信家だしね、そうでもないと下手な写真なんか出せません

っていうか、完璧主義かな?

漫画やアニメも好きだし、コスプレも好きだけど、最近のものは

あんまり知りません

忙しくてね、まとめて見るとか、netで拾うとかです

コスロケは、好きだけど、原作の再現というのは、あんまりしません

完全なセットとか、ロケ地とかあればいいんだけど、所詮、それ風に撮るだけだしね

それより、同人誌風に、原作を元にした新たな作品として作りたいです

その辺が、クリエイターなんだよね

何人かから、ROM用の撮影を頼まれていますが、やるからには手を抜かない

そうなると、なかなか進まない(笑)

痛し痒しの人生です

などとぐだぐだと、ブログ代わりにプロフィールなどを書いてみたけど、

写真面白いですよ、撮る方も撮られる方もね